私がベーチェット病になってからの失明に対しての考え方

ボールを蹴る足 ベーチェット病
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ボールを蹴る足

私はベーチェット病になってから失明とういう単語が身近にあるものだと、
再認識しました。

 

昔に比べて失明の確立は減ったそうですが、目の異常の変化に気づかなければ、
治療が遅れてしまうと失明の確立はぐっと高くなりますよね。

どの状況で目の異常を感じるべきか。

私で言えばつい最近ですが手の平を目に当てて、手を離した時に視界が
長く戻りませんでした。

時間で言えば1分位です。

ベーチェット病になる前なら特に気にしてはいませんでしたが、
ベーチェット病になってからは『失明』という言葉が身近にあるので、
少しの変化が気になるんですね。

その後、眼科でベーチェット病を伝え検査をしてもらいました。

結果、現在は正常との事でした。

症状としては、今後どのようになっていくのか気になりますよね。

突然の発作のように発症し、自然に回復はしますが、
このような症状を繰り返していきます。

このような状況が起きているならすぐにでも眼科もしくは
通院している病院に向かいましょう。

状況変化は自分自身でしか捉えることしかできません。
手遅れになる前に行動をしていきましょうね。

今回は以上になります。

まとめ記事

ベーチェット病ブログ・ドラマ・本・SNS|情報収集まとめ

ベーチェット病日常生活|体調管理方法まとめ

ベーチェット病仕事探し|難病患者就職と在宅ワークまとめ

ベーチェット病医療費申請|入院中にすること必要なものまとめ

ベーチェット病治療薬|闘病患者の体験記・副作用感想まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました。

▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
ベーチェット病
ベーネをフォローする
ベーチェット病を抱える30代男性に伝えたい事