ベーチェット病の本をまとめてみました

本 ベーチェット病
スポンサーリンク
スポンサーリンク

本

どうも。管理人ベーネです。

ベーチェット病の本を探すときはみなさん何を基準に選んでいますか?
本の新しさ?ページ数?口コミ?よく読んでいる人のブログのレビュー?

自分自身もBehçet’s disease(ベーチェット病)については知識を付けていき理解を深めて
いかないといけません。

それは難病と言われている病気になるので、完治(かんち)ではなく寛解(かんかい)を目指して
いかなければなりません。

寛解とは、簡単にいうと症状が現段階では落ち着いている状態です。
ですので何かのきっかけで再発があります。

ですが私達の病気はそういったものと考えなければいけません。
その中で就職・結婚・家族・友人と自分以外の人に伝えなければいけない時がきます。

その時にあやふやな答えで伝えてしまうと難病の重大さが伝わりませんし、病気を軽く
考えられ仕事でも自分の体に合わない仕事を与えられてしまい、再発し再入院の可能性
考えれます。

その中でどういった所から情報を集めればいいか?

ネットで情報検索も重要ですがいままで出版されている本を読む事も必須です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

成長するには本を読む事

本を買うという事は本を読む事に繋がります。
ネット検索だと情報を調べるだけ調べて、そのまま放置という事が多々あります。

実際に私がそうです。笑
ブックマークだけが増えて見る事を後回しにしてしまいます。

しかし本は作者のこれまでに色々と経験したことを本に記載しているので、新たな考えを
取り入れられます。

新しい知識を取り入れる事によって伝え方も新しくなっていきます。
成長していくには本を読む事はおすすめですね。

 

ベーチェット病の本をまとめあげておりますので、気になる方はご覧ください。

ベーチェット病に関しての本をこれからも調べていき情報を共有していきます。
今回は以上になります。
 
ベーチェット病情報収集まとめ記事ができました。
ベーチェット病ブログ・ドラマ・本・SNS|情報収集まとめ
こちらもご覧ください。
 
では続いて、血管ベーチェット病症状を闘病者が解説をみていきましょう。
 
最後までご覧頂きありがとうございました。
 
▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
ベーチェット病
ベーネをフォローする
ベーチェット病を抱える30代男性に伝えたい事