ベーチェット病歯科治療では気を付けることがあります

猫が寝込んだ ベーチェット病
スポンサーリンク
スポンサーリンク

猫が寝込んだ

入院中から、日々の歯のメンテナンスについて医師から言われてきました。

服薬しているボナロン錠の影響で、もし抜歯をする場合は薬を一旦中止しなければいけません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

歯医者に服薬中の薬をしっかり伝えよう

ボナロンを服薬中に抜歯(外科処置)をしてしまうと、顎(あご)の骨が露出して腐ったり
炎症が酷くなるといった事が起こるそうです。
ですので、抜歯をしないためにこまめに歯医者に通うようすすめられました。

私は親不知(おやしらず)が生えていますが、まだ抜かなくていいということなので
ひとまず抜歯は安心です。
それでも虫歯が大きな手術になる事もあるので、油断は禁物です。

まずは住んでる近くの歯医者をみつけよう

いつも通っている歯医者はありますか?
無ければまずは定期的に通える歯医者を見つけましょう。

そこで、服薬中のお薬をお薬手帳で伝えましょう。

信頼できる歯医者を見つける為に

私は1つ歯医者を見つけたんですが、もう一つ歯医者を探す予定です。
それは今通っている所が担当の先生がよく変わるので、少し不安になりました。

こまめに通う予定だったので、その旨も伝えていましたが
『終わればまた半年後に口腔検査しましょう』と言われました。

先生がよく変わってしまうのは仕方ありませんが、自分自身が安心と思える所を
見つけるべきですね。

ですので、もしあなたも歯医者を見つけないといけなのであれば先生が変わらない
こまめに通える所を探すようにしましょう。

新しく探すにも初診のレントゲン代等でお金が掛かりますが、自分の健康や一生の為なら多少
のお金は仕方ありません。

ベーチェット病虫歯治療について気を付ける事

虫歯治療に関しては特に先生からは言われていませんので、虫歯がひどくなって抜歯に
なる前に治療しましょう。

 

歯磨きをしっかりして病気予防(最後)

〇住んでる近くで歯医者を見つける

〇しっかり相談できる・定期的に通える所

〇お薬手帳は必ず見せる事

〇虫歯は早期治療

 

まずはこの項目を頭に入れて探してください。そこから個人で必要な部分は補っていきましょう。

今までも歯磨きは少しは意識していましたが、さらに意識して磨くようになりました。
現在服薬中の薬が影響もあってか、さらにこまめに磨くようになりました。

時間を掛けて意識して磨いています。
歯を磨く前には糸ピックスをするようにもなりました。

糸ピックスをする事によって歯の隙間の食べ残しが取れます。以前まではめんどくさくて
していませんでしたが、慣れは恐いですね。笑

今ではやらないと気が済まなくなっています。

 

でもなぜか最近知覚過敏になりました。笑
何が関係しているのかわかる人が居たら教えて頂きたいです。

とりあえずはこれを使い様子をみます。笑

1つの病気になると他の病気も出やすくなるの?とか思ってしまいます。
それか単に年を取ってきているからかなとも感じていますが。笑

また新しい歯医者を見つけてそこで相談をしていきたいと思います。

今回は以上になります。

まとめ記事

ベーチェット病ブログ・ドラマ・本・SNS|情報収集まとめ

ベーチェット病日常生活|体調管理方法まとめ

ベーチェット病仕事探し|難病患者就職と在宅ワークまとめ

ベーチェット病医療費申請|入院中にすること必要なものまとめ

ベーチェット病治療薬|闘病患者の体験記・副作用感想まとめ

では続いて、ベーチェット病食事改善策はネットスーパーイオンにある!?をみていきます。
最後までご覧頂きありがとうございました。