ベーチェット病患者が答える難病患者求人の探し方

女性 仕事 ベーチェット病
スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性 仕事

 

どうも。管理人『ベーネ』です。

今回は難病患者が新たに再就職を見つける為にはどう進んでいくべきか?

難病患者求人の見つけ方・考え方を伝えていきます。

どこに相談すればいいか?自分自身になにができるのか?

病気と共に生きていく事は問題が山積みですが大丈夫です。

1つ1つ解消していきましょう。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まずは自分の病気の状況に合わせた働き方を知る事

女性 仕事

[cc id=304 title=”広告見出しはじめの下”]

私は難病のベーチェット病(血管ベーチェット病)です。

症状は足に血栓ができて血栓が肺に飛んだりする状況でした。

現在は症状は落ち着いていますが、今後再発の可能性もあるため薬を飲みながら通院が
できる職場を探さないといけません。

自分自身に何が体に影響があって、何ができてどれが無理かをはっきり明確にしていけば
おのずと出来る事がありますので、みなさんも焦らないでくださいね。

私自身もまだ社会復帰が出来ていません。

これから自宅療養を行い無理なく歩けるようになり、そこから選択肢ができるようになります。
そこにたどり着くまでの時間を無駄にせず、自分自身のアンテナを広く立ててすぐに
動けるようにしておきましょうね。

ベーチェット病や難病患者の仕事の選択肢は少ないでしょうが、焦らすに計画的に
見つけていきましょう。

 

まずは自分自身を掘り下げる

まずは簡単にあなた自身を掘り下げていきましょう。

何歳ですか?現在は休職中?資格は?

私自身を掘り下げますと、30代後半・無職・大型免許(トラック)・独身

文章だけを見ると無能男性ですね。笑

出来る事と言えばトラックの運転ぐらいでしょうか?以前働いていましたので。

自分が会社に求める事を書いてみる

あなたが会社に求める事はなんでしょうか?

私は体が優先なので、体に負担が掛からない仕事を探していきます。

自分が会社に求める事=足からきていた病気なので身体的負担がすくない

休憩がとりやすい・月に数回ある通院が可能な事

適さない事=薬の影響で免疫力が落ちているので、菌が沢山ある仕事は選ばない

体を沢山動かす事も薬の影響があり選ばない・立ちっぱなしも無理なのでほどよく座れて
立つ仕事を選んでいく。

文字に起こす事で行動が明確になっていきますので、1つずつ進んでいきましょう。

『そんなに選んでいたら仕事が無いよ』

当たり前です。

自分にできる事を探すのですから。

生活の軸をどこに置くか考える

自分の体の事を考え、お金では無く働き方を変えてみる事はどうでしょうか?
もらえる手取り金額は少なくなりますが、残業が無い所を選んでみる

生活の水準を現在より下げて、優先順位を仕事から健康第一にすることです。

あなたの理想とする仕事を一度描(えが)く

忘れてはいけないのがあなたの目標です。

自分自身を認め、社会とつながっていくことも大切ですが、目標があると前に進む1歩が
大きくなります。

私は、パソコンを使って稼げる仕事がしたい。
スキルが無くてもこれから学んでいき、体に負担を掛けずできる事をしていく。

本当にアバウトですが、目標を持つ事で目指す自分の位置が確認できます。

ではパソコン関係の仕事を少しピックアップしましょう。

システムエンジニア

プログラマー

デザイナー

などでしょうか?

まさしく資格が必須な仕事ですね。笑

私の現在の段階からですと難しく感じますね。
でもこれが分かるのも自分自身を掘り下げることをしたからです。

別の考え方では事務職を探してみるのもいいですね。
体の事を考えればハードな仕事は向かないです。

 

就職活動はハローワークとネットで融合させる

私達難病患者は働き口が少ないので、まずはハローワークで相談をします。
難病患者に対しての就労支援がありますのでアドバイスを受けられます。

ネットでは『Welbe』ウェルビーさんも就職支援を行っています。

まずは【難病 求人】とネット検索すればあなたの求めている所にたどり着けますよ。
求人サイトは無数にありますので、まずは登録からしていきましょう。

 

正社員?契約社員?派遣社員?アルバイト?

働き方の選び方もありますが、現在のあなたの状況も考えないといけません。
家族が居れば養う責任感もあります。

結婚を前提としてる恋人がいればなおさらですよね?(私がそうです。笑)
ですので正社員で働く事を選びたいですが、今の世の中難しいです。

他の働き方も視野に入れておく必要がありますね。

 

相談をする事が気持ちを落ち着かせる近道

もし恋人や家族がいるならば一度相談してください。
無理をして働くとまた、再発してしまうかもしれません。
1人で頑張るのではなく、協力してもらうことも1つの案です。

 

病気を重く考えずに飛び込むのも、1つの先手である

私達は難病というカテゴリーに分けられてしまっているので、次働く所を慎重に選んで
しまってはいませんか?

確かにまた再発すれば怖い・入院してしまうと思ってしまいます。
ですがそれだと中々行動に移せませんよね?

思い切って体の事を気にせず行ってみるのもありです。

ですが!

今までの自分の体の事を思い出してください?

無茶をしたら体調崩していませんでしたか?

すぐ風邪を引いてませんか?

ベーチェット病だと口内炎は大丈夫ですか?

私と同じなら足の痛みは大丈夫ですか?

仕事も大事ですが、生きる事が一番大切です。

生きれなくなればすべてが無しになります。
それは頭に入れておいてください。

 

女性 仕事

 

最後に

私自身もまだ、療養中でこれからの就職に至っては試練があります。
年齢・資格無し・難病ですが、今は生きている事に感謝しています。

生きる事を諦めません。

今後の就職活動も記載していくのでよろしければ目を離さずにお読みください。
30代後半・難病・資格なし・でも何とかしている所を見て頂ければと思います。

自分に合う企業をアンテナを広げて探す。

今回は以上になります。

ベーチェット病仕事探しのまとめ記事ができました。
ベーチェット病仕事探し|難病患者就職と在宅ワークまとめ

こちらもご覧ください。

他にもベーチェット病休職中に考える事は職場復帰の事ばかりもございます。

では続いて、難病患者はひとまず在宅ワークの仕事も候補にしてみたら?をみていきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。