ベーチェット病になり免疫力が落ちたからマスクが必須になった

女性と自然 ベーチェット病
スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性と自然

私が現在も服薬している薬の副作用でアザニンという薬を飲むと免疫力が落ちるそうです。
免疫力が落ちると風邪を引きやすくなるので、体調管理をしっかりとしないといけません。

入院時も気を付けなければいけませんが、退院してからも自身の体調管理はしっかり
管理していきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

マスクを必ず着ける習慣をつけましょう

女性と自然

近年マスクをつける事が当たり前になっていますが、まだまだ着け慣れていない方も
多いと思います。難病患者にとってマスクはメリットが多いので是非使用してください。

メリット

・感染予防

・口元が暖かい

・喉の保湿

主に感染予防の為に付ける目的ですが、他にも冬は口元が暖かい・喉の乾燥を防いだり
できます。

デメリット

・夏は口元が暑い

・長時間使用するとマスクが臭くなる

・耳に掛ける所が痛くなる

デメリットも多少あります。

病院内でも必ずマスクをつける

入院中の方はしっかりマスクを使用していますか?

病院内は医師・看護師も居るから大丈夫と思うかもしれませんが、他人と共有する物が
多く、また大半が4人~6人の相部屋になるので部屋の中で風邪を引いてる人が居たり
咳ばかりしている人がいると不安になります。

実際私の部屋の横の方がよく咳きこんで、痰をだしていました。
咳をしている本人はマスクをしていなかったので大変迷惑でした。

こういった事もあるので病院内でもマナーと安全の為マスクは必ず用意してください。

退院してからもマスクは着用しましょう

退院して日常生活に戻ると思いますが、人が多い所にも出かけないといけない事が多々
増えてくると思います。
私は医師から人が多い所にはあまりいかないようにと言われています。

それはやはり免疫力が落ちていて人混みには沢山の菌があり、免疫力の落ちている人は
すぐにやられてしまうからです。

ですので、なるべく人混みにでかけるのは控えめにしましょう。

それでも外出しないといけないときは必ずマスクを着用し、長時間人混みにはいない
ようにしましょう。

気分転換は人混みではなく自然がある人が少な目な所に

気分転換に買い物をしたい、違う景色を見たいと思うかもしれませんが、人混みだと
菌がうつってしまう可能性があるので、それなら人が少なそうな所にいき景色を楽しみ
に行ったり、自然をみたりすると心も癒されます。

マスクを選ぶ基準

マスクを選ぶ基準は人それぞれあると思います。

マスクの性能的にはどれも一緒だと思うので、私が重視しているのは
マスクの大きさ・個別包装・長時間マスクを着けて痛くない物で選んでいます。

マスクの大きさ
1度小さめを買った事があるのですが、顔のサイズと合っていなかった
のか、隙間が結構ありました。笑

マスクになっていませんでした。
なのでそれ以降は小さいサイズは買わないで、通常サイズを買うようにしています。

個別包装
個別包装が良いのは新しい物との見極めがしやすいのと、新しいマスクが
汚れない為です。衛生面は気を付けておかないといけません。

長時間使用できるマスク
長時間使用できるマスクを選ぶのは、耳に掛ける所が痛くなる事があるんですね。
これは個人的な問題かもしれませんが、痛くなるとマスクを取りたくなるので、
そういった事にならない為にも長時間付ける事のできるマスクを探しましょう。

 

 

女性と自然

免疫力が落ちている時は気を付けて(最後に)

薬の影響から免疫力が落ち、普段より気を付ける事が増えます。
なにより私達は難病患者です。

自身の体調を一番に考え無理をしないでください。

働き盛りの30代でなんでこんなことにと自暴自棄になってしまうかもしれません。
私自身も30代で、なんでこんな事にとは思いましたが、それも人生と考えください。

病気になりたては悲しい気持ちが多いですが少しずつ、本当に少しずつでいいので、
気持ちを明るくしてくださいね。

今回は以上になります。

まとめ記事ベーチェット病日常生活|体調管理方法まとめ

では続いて、ベーチェット病から糖尿病にならない為に血糖値測定器購入の巻をみていきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。