ベーチェット病運動管理はスマートウォッチで細かく把握する事

運動少年 ベーチェット病
スポンサーリンク
スポンサーリンク

運動少年

どうも。管理人ベーネです。

体調管理の1つとしてスマートウォッチを購入してみました。
自宅療養中になるので、そんなに使用する機会はないのですが。笑

こういう機械物が好きなので買ったのも購入の1つです。
値段もお手頃な3000円前後なのでお試しに使える価格かなと私は感じました。

スマートウォッチの種類は色々あるので悩むとは思いますので、自分の必要な機能がある
商品に絞れば良い商品に出会えます。

迷われている方は是非レビューをお読みください。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜスマートウォッチ?

自宅療養から外に出るときには歩数や・心拍数・などが気になっていました。
自分自身がどれくらい歩けるようになっているか気になっているからですね。

そして何か管理ができるものはないかと思い調べていると、アマゾンスマートウォッチ
がヒットして、色々と知る機会になりました。

スマートウォッチ

 

スマートウォッチ

 

何がいいの?

スマートフォンとのアプリ連動があったり、ラインの通知がスマートウォッチにきたりと
時計の画面だけで着信が分かったりする機能が備わっていたので、歩いてる最中も携帯を
取り出さないでいい利便性を感じました。

 

デザイン

マットブラックになるので指紋が目立つという事はなく、(画面は多少指紋が付きますが)
サイドのゴールドはアクセントになりベルト部分も無機質な物ではなく、細かいひし形の
デザインが入っているのでオシャレです。

スマートウォッチ

 

スマートウォッチ

 

使用感

付け心地はほぼ重さを感じません。
画面もタッチパネルで(〇のマークを押すと画面が切り替わります)ボタンを押すごとに・長押し
をするたびに画面が変わったりします。

ラインの通知も画面に届きます。

いいですね。

急ぎの用事かどうか確認できますね。

特に難しい設定もなくアプリとの連携もできます。
自分が歩いたルート・自転車に乗ったルートも履歴に残せたりできます。

長時間座りっぱなしだと、振動で教えてくれます。これも自分で時間を決めれます。
エコノミー症候群にならないように管理できます。

私は足を長時間圧迫してはいけないので集中している時にこの機能があると、体を動かして
くださいとお知らせしてくれるので、大変重宝しています。

屋内でのエクササイズ管理もできます。

スマートウォッチ

心拍数が測れる

そんなに心拍数を使う事はないが万が一自分が倒れた時に心拍数をオンにしていたら
なにかしら使えるのではないかと思っています。

 

充電機能

1日で満タンになります。

充電の持ち具合は使い方にもよりますが、基本電源入れて出かける時にしか使っていないので
約二週間ぐらい持っています。

私は日常的にはあまり使っていなくて使用後は電源を落としているので、これぐらい充電が
持ちます。

電池表示が三分割になるので、三分の二になって何日か経ってから私は充電しています。

頻繁に使っていたり、歩いたコースとか多機能をすべてONにすれば、もう少し電池の減りは
早いのだろうと感じますね。

 

微妙な点

万歩計の歩数設定が多少よくわからないですね。
自分の歩数とあっているのかな?

歩幅設定もできますが、やや合っていないかも?
細かい調整が必要ですね。

時間表示

時間を見る時に手首を返すと画面が付くがあまり精度がよくないからか点灯しない事もあるので
〇の所を押して確認しないといけないから、時間を見るのが少し面倒です。

 

多機能を使いこなせない

多機能ではあるがあまり使いこなせてはいない。これは個人の問題ではある。

 

運動少年

 

総合評価

★★★★☆

星4つです。

 

現在は体調管理をしっかりしていないといけないので、このようにデジタルで管理ができる
物はありがたいです。

私は、歩数計・心拍数・SNS・電話通知がある機能を選びましたので欲しい機能が備わっている
商品を選んでみてはいかがですか?

それでも今発売されている機種は多機能なので、使ってみれば楽しいですよ。
スマホカメラシャッターを時計で押す事もできます。

スマートウォッチ

今回は以上になります。

ベーチェット病体調管理のまとめ記事ができました。
ベーチェット病日常生活|体調管理方法まとめ
こちらもご覧ください。

では続いて、ベーチェット病になると運転ができなくなる?をみていきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。