ベーチェット病闘病記録を手帳に記録しよう

手帳としおり ベーチェット病
スポンサーリンク
スポンサーリンク

手帳としおり

あなたがベーチェット病になって感じた辛い事や嬉しい事、
いつか笑顔で読み返す事ができるように手帳に書いていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

手帳に綴る思いとは

私はベーチェット病になってから1年経っていませんが、ベーチェット病に関して
様々な知識を吸収してきました。

 

1年未満でも、こんなにも病気の事で頭が一杯になるなんて思ってもいませんでした。

それは自分自身が病気としっかり向き合いたい気持ちになっているからです。
一生側にいる病気の事を何も分からないなんて言えないですからね。

私以外にもベーチェット病で悩まれている方も沢山いらっしゃると思いますが、
悩まれているならば、手帳に自分自身の闘病記録を付ける事をおすすめします。

私はパソコンに闘病記録を残していたり、ブログに書いたり
手帳にも書いていましたね。

それはこのように自分自身のベーチェット病闘病記録をみなさんにみてもらい
感想を頂くことで、自分の言葉により責任を持てましたし、誰かの力になれているんだなと
実感できたからです。

後は、あの時の過去の辛かった気持ちを読み返すのが
自分の中で一番頑張れる力の糧になるんです。

『あの頃より辛い事はないから、大丈夫。』

現状の難病患者就職活動が辛くても、あの時の痛みや絶望に比べたら
どうってことないんだと感じれているんですよね。

これは本当に現在の自分をつくれています。

もしあなたが手帳にベーチェット病の事や、痛みの辛さ、周りの人がやさしくしてくれたこと
まだ書けていないなら、是非書いてください。

そしてこれからも新たにベーチェット病になってしまう人がいるでしょう。
その人達の為に私達の、ベーチェット病患者の声を残していきましょう。

医師の意見は正確ですが、患者にしか分からない気持ちがあります。

患者の声をきくと絶対に安心します。

実際に私はインターネットでベーチェット病の事を書いているブログをみて、
安心しましたし『自分も記録を残していこう』といった気持ちになりました。

だから、まずはあなたも手帳に書いていくことから始めてみませんか?

きっと未来に役に立ちますよ。

今回は以上になります。

まとめ記事

ベーチェット病ブログ・ドラマ・本・SNS|情報収集まとめ

ベーチェット病日常生活|体調管理方法まとめ

ベーチェット病仕事探し|難病患者就職と在宅ワークまとめ

ベーチェット病医療費申請|入院中にすること必要なものまとめ

ベーチェット病治療薬|闘病患者の体験記・副作用感想まとめ

最後までご覧頂きありがとうございました。

 

▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
ベーチェット病その他
ベーネをフォローする
ベーチェット病を抱える30代男性に伝えたい事