ベーチェット病ブログを読んで学ぶべき事とは!?

子供と夕日 ベーチェット病
スポンサーリンク
スポンサーリンク

子供と夕日

 

どうも。管理人ベーネです。

私はベーチェット病になり(血管ベーチェット病)はや三か月です。
色々とありましたが、なんとか退院もできました。

その日々の中で病気の事を調べていくと、同じ病気で悩んでいる人は本当に沢山いるんだな
と感じました。

その皆さんが伝えたい事の中で私から伝えれることは何か?
書くことで何ができるか?考えてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

経験を語る事によって不安対策に繋げる

子供と夕日

 

別の記事でも書いてはいるのですが、異常があればすぐに病院に行く事の大切さを伝えました。
結果大した病気ではなかったとしても、その一つの行動があなたの命を繋ぐ行動になっている
ことを知って欲しいなと思っています。

私の場合は肺に血栓が飛んでいたので、後少しで命に関わっていました。
あの時すぐに病院に向かってよかったなと思っています。

 

他にはリハビリとかの経験もそうですね。
リハビリの先生が言っていましたが、『気圧の変化で痛みがでるようになるよ』
と言われていました。

こういった病気になった事はなかったので、そんな事はあまりないだろうと思っていましたが
天気が良くない日は傷が痛む?感じで本当にその通りで、足の痛みが出てくるんですよね。

あまりにも痛いと痛み止めを飲んだりと対処しています。

 

このような経験を伝える事によってあなたの不安を防げるようになるんですね。
『あっ、この人も同じなんだ』と、安心できる気持ちは本当に大切です。

 

同じ患者同士の意見交換にもなる

同じ病状の患者がこういった情報を書いてくれていればいいのですが、中々自分の病状に
ピンポイントでヒットすることはないですよね。

その時に見つけれないという事もありますが、私自身も中々見つけられませんでした。
だから、私と同じ病状で悩む方にピンポイントで伝えれるのが一番の理想です。

私の経験と意見が生かせてその方に伝える事によって私自身もプラスになるんですよね。

同じ悩みを持っている方と悩みを共有することは安心を与えます。

私は今2017年8月31日に退院して、まだ自宅療養中ですが難病患者の就職活動方法
生活の改善・保険の知識など、このような事も伝えて行く予定です。

 

孤独と不安を無くせる環境は読書にもある

病気になると、メンタルが弱くなってしまいませんか?
元気な時ほど、あまり考えない事でも病気になれば考えてしまうとか。

私は結構メンタル面が弱いです。笑
特に今後の就職等を気にしてしまうと

どうなるのだろう?

しっかり働けるのだろうか?

果たして通勤ができるのか?

でも、始まっていない事になぜ悩んでるんだろうと。
私はまず悩む前に進んでみて、進みながら考えていく方が修正きくと思ってます。

まずは目標を決めて進みながら、帳尻を合わせていく。
働き方も私達がまだ知らないだけで色々あります。

入院中に堀江 貴文(ほりえ たかふみ)氏の、多動力(たどうりょく)という本を読んだのですが
今の自分はチャンスの中にいるんだと感じました。

 

(AmazonのKindle(キンドル)は本当に便利です。本を買わなくてもデータを買えますので本屋

に行かなくても本が買えます)

 

なんでもできる今にこそ、動く事によって道は開ける。
こんな感じではおっしゃってないですが。笑

私の解釈はこのような形です。

本って不思議ですよね。
人の気持ちを高めてくれますし、絶望を感じる事もありますがなにかあるときは助けて
もらっています。

今の自分に合いそうな本は自己啓発の本なのかなとも思います。
気持ちを高ぶらせる本を探しています。

 

昔は自己啓発はそんなに読まなくて、『ようは自分の気持ちしだいだろ?』と思って
いたのですがその前に進む気持ちになる為にはその言葉を知る必要があるわけで、その
言葉を知る為には物事を知らないといけません

そしてその言葉と出会うきっかけが本であって、その本に1000円~2000円払う事に
よって知れて気持ちを高ぶらせれる。

本は良いですね。
気持ちが落ちそうな時本を読んでみてください。

おすすめがあれば、お伝えします。

 

子供と夕日

 

まとめ(私にできる事)

これからの目標はもっと沢山の方にブログを知ってもらい、みなさんに難病での生き方を
もっとスムーズに生きていけるように伝えれたらなと思っています。

経験豊富な先輩方は沢山いらっしゃるので、色々と話を聞きに行く機会も増やして行きます。

これからはハローワークでどのような働き方があるのかも調べていき、現状を伝え自分自身
が経験し、みなさんの道が少しでも楽になれる道を作ります。

今回の伝えたい内容は以上になります。

ベーチェット病情報収集まとめ記事ができました。
ベーチェット病ブログ・ドラマ・本・SNS|情報収集まとめ
こちらもご覧ください。

では続いてベーチェット病患者が答える難病患者求人の探し方を確認していきましょう。

求人の探し方の流れを掴み行動するとスムーズに物事が進んでいきますよ。

▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
ベーチェット病その他
ベーネをフォローする
ベーチェット病を抱える30代男性に伝えたい事