ベーチェット病が人にうつると思っていますか?

暗い女の子 ベーチェット病
スポンサーリンク
スポンサーリンク

暗い女の子

 

『その病気って人にうつるの?』

ベーチェット病になってから一度こう言われた事があります。

安心してください。人に感染することはありませんよ。

確かに、心配になりますよね。

私自身もこの病気になって医師に『難病のベーチェット病です』

と言われた時に真っ先に、人に感染しないのだろうか?と考えました。

私には恋人がいますので、やはり恋人にうつってしまったら駄目だと考えてしまいます。

ベーチェット病が人にうつらない病気だと分かった瞬間安心しました。
風邪みたいに咳をするだけで人にうつっていたら大変ですね。笑

でも

少し気持ちが下がった事もありました。

それはあまり親しくない方に病状の説明をしないといけない時があった時の事です。

ベーチェット病の説明をしていると段々表情が険しくなり、『今この人と同じ空間に
居て病気がうつらないのか?』

みたいな顔になっていくのが分かりました。笑

分かりにくいかもしれませんが、病状を説明していたら分かるんですね。

すぐさま

『感染する病気ではないので安心してください』と説明しました。

対面での説明だったので、うつると思われるのも申し訳ないと思いはじめからエチケット
として私はマスクはしていましたが、中々難しいですね。

仕方のない事かもしれませんが、やはり気持ち的に苦しくなりました。

なので今後、人に説明をするときには人には感染しませんよと始めに一言付け加えて
説明するといいですよ。

確かに私達の世代(30代)になると大体の方は結婚もしており、小さなお子様もいらっしゃる
方が沢山います。

病気の人間と一緒にいると『うちの子や私にうつらないのか?』

と心配してしまうのが親ですよね。
私も同じ立場になれば同じ事を考えます。

働き盛りの30代で大切な家族が居る方にとっては心配になってしまうのは当然です。

それでも、露骨に顔に出すのはよくありませんよね。
説明してくれている方に失礼だと私は思います。

そういった方は自分自身が風邪を引いた時、子供が風邪を引いた時でもマスクをしない
方が多いと私は思っています。笑

周りに気遣いが出来ない人です。

気遣いの心が信頼と仲間が増える1つの行動だと思っております。

でも、良識の無い人と関わらないといけないときは、我慢しない方が自分自身にとっては
ストレスも溜める事なく良い事なのかもしれませんね。

今回は以上になります。

まとめ記事

ベーチェット病日常生活|体調管理方法まとめ

ベーチェット病ブログ・ドラマ・本・SNS|情報収集まとめ

ベーチェット病仕事探し|難病患者就職と在宅ワークまとめ

ベーチェット病医療費申請|入院中にすること必要なものまとめ

ベーチェット病治療薬|闘病患者の体験記・副作用感想まとめ

 

では続いて、ベーチェット病余命寿命が気になって調べたら安心した話をみていきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

暗い女の子

 

 

 

▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
ベーチェット病その他
ベーネをフォローする
ベーチェット病を抱える30代男性に伝えたい事