ベーチェット病になったらしっかりと対策しよう

手と星 ベーチェット病
スポンサーリンク
スポンサーリンク

手と星

ベーチェット病にならない為にどのような対策をとればいいのか?
風邪をひかない為には、うがい・手洗いで予防をします。
虫歯にならない為には、歯を丁寧に磨きます。

ベーチェット病にならない為には・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ベーチェット病対策はあるの?

残念ながらベーチェット病は原因不明の難病なので、事前に対策はできません。

ですが、どんな病気でも対策していても病気になる人はなりますし
予防をしていなくても病気にならない人もいますよね?

こういった対策をしていても病気や難病になるのは、本当にではないのかなと
感じています。

運で片づけてはいませんが、大半が運ではないかと思う訳です。
なので私は難病になってから対策をとるほうがいいのではないかなと感じました。

病気になる前から色々な事に神経質になるのも精神的に疲れませんか?
神経質になる事がストレスになり別の病気を発生させてしまいます。

どんな病気もなりたくてなる人はいません。

病気になってこうしておけばよかったなと感じた事は

すべてにおいてほどほどにしておく

健康第一に考えてあげる

食事もお腹一杯食べるのではなく、腹8分目をキープ。
なぜ食事を腹8分目をキープなのか?

現在は食事管理のお陰で血糖値が高くなくなりましたが、食事管理を始めた頃は
一度に取れる食事の少なさに驚愕してました。笑

普段から暴飲暴食だったので、改善できてよかったのですが、慣れるまでがきついですね。

働く時間も残業を沢山する会社ではなく、残業無しの会社に勤める。
働く事は大切ですが、健康を第一に考えれる会社に勤めるべきではないかと思いました。

このようにほどほどを心掛けることによって、暴飲暴食に走ることなく、ストレスも溜まり
にくくなるのではないでしょうか?

これだけはいえる事

自分自身が危ないかも?と感じたら誰かに相談すること。

病気かも?と感じたら病院にいきますよね?

虫歯かも?と感じたら歯医者にいきますよね?

仕事がつらいかも?と感じたら上司・友人・親に相談しますよね?

頼る事は何も悪い事ではありません。
どこかに頼らないと生きていけません。

これが健康第一に生きて行く対策だと私はベーチェット病になって感じました。

少しでもストレスかも?と感じる事は見逃さないでくださいね。

今回は以上になります。

まとめ記事ベーチェット病日常生活|体調管理方法まとめ

では続いてベーチェット病の痛みが再度ふくらはぎから出てきましたをみていきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

手と星

▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
ベーチェット病その他
ベーネをフォローする
ベーチェット病を抱える30代男性に伝えたい事