私の血管ベーチェット病につきまとう足の痛み

ベーチェット病
スポンサーリンク
スポンサーリンク

景色と男性

日々回復に向かっている!?と期待しながら生活をしておりますが、ベーチェット病の
きっかけとなった右足の痛みとの生活は中々困難ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

毎朝足の痛みと相談です

漫画医者

朝目が覚めると足の痛みと相談しながら1日が開始します。
『外に出れそう?無理?』このような具合です。

常に足を強くつねられている感じがずっと続くんですよね。
痛みが無い日もありますが大半が痛い。。。

病状は良くなっている

このように痛みが出ていても、診断結果は良好なんです。
足に溜まっていた血栓も溶けて、器質化していた部分もエコーで確認しましたら
綺麗になっているとの事です。

すべては消えていないので少しは残っていますが
後は服薬と時間の問題で解決します。

泣く男の子

何が原因で足が痛いのか?

担当医師は『歩く』事をすすめていないのが現状です。
歩く事は足に負担がかかるので、自宅で療養することをすすめています。

そして、自宅でできる筋トレをすること

足にそこまで負担を掛けずに筋トレをする事によって
筋肉を戻していこうという考えです。

でも私自身が筋トレがあまり好きではありません。笑
少しは筋トレをしていますが。

家にずっといる事は気が滅入るので気分転換と筋トレもかねて
ウォーキングをしています。

なので足が痛い原因は歩いていることが原因?なのかは
まだ分かってはいませんが、メインを筋トレにチェンジして身体作りを
していくことで解消されるのではないのかな?と予想しています。

もちろん体作りにはかかせない、BCAA・プロテインは飲み続けます。

筋トレ女子

足の痛みを後遺症と認識していたほうがいいのか?

まだベーチェット病が発症して日が浅いので、後遺症が残ったと
決めつける事はよくありません。

日に日に良くなっているので、いつかは痛みが無くなる日が
くると期待して生活するほうが、生きて行くモチベーションが上がります。

負のイメージをもったまま生活してしまうと本当に
そうなってしまうので気を付けてください。

今回は以上になります。

まとめ記事ベーチェット病日常生活|体調管理方法まとめ

では続いてベーチェット病を抱える有名人が病を公表する理由とは?をみていきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
ベーチェット病その他
ベーネをフォローする
ベーチェット病を抱える30代男性に伝えたい事