ベーチェット病体験談はきっとあなたの力になる

女性が踊る ベーチェット病
スポンサーリンク
スポンサーリンク

女性が踊る

ベーチェット病になると私達は心配になって、ネット検索してしまいませんか?

『どのような状態になるんだろう?』
『私の病気は治るのだろうか?』

不安になる事が沢山ありますね。

安心してください。
先人の人達が沢山情報を残してくれています。

不安になる内容が書かれている事もありますが大丈夫です。
ネットで病気の事を調べてこれからの事に繋げていきましょうね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

先人のベーチェット病体験談を知る意味

勉強をする人

 

あなたがベーチェット病になった時に頼りになるのが先生ですが
先生以外からも情報が知りたいと興味を持ちます。

すると検索の衝動に駆られ色々とネットで調べだします。

私のように体験談を書いている記事をみたり、他の所だと
ベーチェット病の論文などもあるのでそういった事も目にしていくでしょう。

しかし曖昧な情報もあります

あなたの病気とぴったり合う情報は少ないかもしれません。
すべての情報を鵜呑みにするのではなく、参考にしていき
気になる事は担当医師に確認しながら、あなただけのベーチェット病の
体験談を知っていっていください。

あなたの体験談を伝える事

メガネ男子

 

私はベーチェット病になり体験談をこのような形で伝えるようになりました。

それはやっぱり、自分自身が1人だと不安だということもありますが
このように発信をする事によって、人の役に立てている事が自分の中で、
この病気との闘い方なんだなと感じました。

闘うという表現はおかしいですかね。

難病になり治らない病気なので、いかにうまく共存していくか、寛解の道を目指すのか!?
このような考えになっています。

きっと同じ病気の人も同じことで悩んでいます。

だったら、伝えればいいじゃないか。

私と同じ血管ベーチェット病の方も他にも沢山いらっしゃいます。

他の種類のベーチェット病の方も沢山います。

どうしたらいいかわからない方もいるかもしれません。
そこであなたが、あなた自身がベーチェット病の体験談を発信したらどうなるでしょう?

もしかしたら、悩んでいた方に届くかもしれません。
悩んでいる人の心が救われるかもしれません。

あなたが今回私の記事を目にしたように

『なにかあるかもしれない』とブログを見てくれたように。

もしあなたがベーチェット病の体験談を書きたいなら是非書いてください。
きっとみなさんあなたのことを待ってるはずです。

少なくとも私は待っていますよ。

一緒に共有して、このベーチェット病の体験談を伝えていき
人々の生きる道だったり、誰かの参考にできる
ベーチェット病の体験談を発信していきましょう。

今回は以上になります。

まとめ記事ベーチェット病日常生活|体調管理方法まとめ

では続いてベーチェット病と生活保護と私をみていきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

女性が踊る