ベーチェット病がつらくて疲れきってしまった

親子の芸術 ベーチェット病
スポンサーリンク
スポンサーリンク

親子の芸術

病気になると、自分自身が今どこにいるのだろう?
このままどうなるのだろう?と先の見えない闇に向かっている感覚に陥る事はありませんか?

心配の種はいつになれば解消されるのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

つらくて疲れきってしまう心

難病になり、心が落ち着かなく事が多々あると思います。

このままの自分を受け入れてあげる事はできるのだろうか?

これ以上ひどくなってしまったらどうしよう?

疑問の数が多く浮かび上がり、その解決法も思いつかないまま時間は過ぎていってしまいます。
その場で足踏みする事も多くなります。

自分に今できる事を手当たり次第探してしまいますよね。
ではなぜこのような考え方になってしまうのでしょうか?

先に進めない事にイライラしていませんか?

現状あなたは良くなっていると感じませんか?
病気になりたての頃に比べたら比較的に良くなっていませんか?

あの頃よりは知識も付いてどう生きていけばいいか、多少なりとも勉強したはずです。
今の自分にやさしくしてあげてみてはどうでしょうか?

あなたの毎日の小さな努力は体に少しずつ大きなプラスに変化していますよ。

息抜きのやりかた

毎日病気の事を考えて、それでも前に進めているかも分からない。
あまり体に負担が掛かる事はできませんが、思い切って息抜きをしましょうよ。

今時間があるときに好きな事をして、慌てない心を一度作り上げておきませんか?
考えすぎても体の毒です。

私で言えば仕事を退職してから難病になってしまったので、再就職は難病をしっかり理解
してもらえる企業探しをしていかなといけません。

面倒くさい事が多いので、息抜きにゲームもしっかりしています。笑

これくらいでいいんです。笑

あんまり思い詰めないで生きていきましょう。
自分の人生、自分だけの人生。

他人と比較してしまう事は多々あると思います。
実際私自身も考えないようにしていても、人と比較してしまう事がよくありますよ。

でも、比較してその人になるわけでもない、負けている状態。
でも負けていてもいいんですよ。

あなたはあなたのままでいいんです。

自分自身を好きで居てあげれるのもあなただけ。
もっと自分を好きになってあげてください。

そうすれば、ベーチェット病がつらくて疲れきった気持ちも和らいでいきます。
もっと毎日を気楽に生きていきましょうね。

今回は以上になります。

まとめ記事ベーチェット病日常生活|体調管理方法まとめ

では続いてベーチェット病の彼との付き合い方はどうすればいい?をみていきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

親子の芸術