ベーチェット病はつらいけど諦めないでほしいです

ギター画像 ベーチェット病
スポンサーリンク
スポンサーリンク

ギター画像

今も治療をしながら多くの方が寛解(かんかい)を目指していると思います。

しかし、寛解を目指すのであって残念ながら再発してしまう事もあります。

同じつらさ、それ以上のつらさがくるのは本当に望ましくありません。

『また入院しなければいけないのか』

なんて事も考えてしまいます。

私達はどのようにしてつらさを受け止めていくのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

10年後には症状が落ち着いている

ベーチェット病に関して色々見ているとベーチェット病を抱えている方で10年
たっている方は『症状がほとんどでていない』なんて事もおっしゃっている方もいますね。

こういった記事を読むと本当に安心します。
しかし悲観的な内容もしばしば見受けられることもあります。

当たり前です。難病なんですからつらいのは当然ですよね。

その中で私達はどう対応していくかが、これも人生を変えていける1つの手段だと
感じています。

仕事1つでもそうです。
働き方はどんどん変わってきています。

体に負担の無い働き方も沢山ありますね。

そういった仕事につくには、努力が必要です。
自分の体以外でも頑張らないといけない事がある事は決して楽ではありません。

それでも今後の体を考えていくならば、そのような仕事選びも大切ですよね。

つらいけど諦めない考えかた

私自身も辛くなることは沢山あります。
やっぱり、体力が驚くほど落ちて最近では歩くのもつらくなっています。

買い出しにいって自宅に帰るだけでそのまま寝込んでしまう。
足の痛みがずっととれないなど。

でも四六時中そんな事考えてばかりだと気持ちが落ちるだけです。

そんな事ばかり考えてる人生では楽しくなんかないですよね?

私は楽しくないです。

だから、なるべくですがマイナスな事は考えないようにしたり、マイナスな言葉は
口から出さないようにしています。

言霊というものは私はあると思っています。

悪い事を考えてそれを口にするくらいなら、『大丈夫、大丈夫』といってる方が
気持ちが上がります。

ベーチェット病であなたのつらい事はなんですか?
負けそうな気持ち沢山あると思いますが負けないでくださいね。

闘っている人は沢山います。

Twitterでも沢山のベーチェット病患者の方が多く情報を発信しています。
その中であなたも情報発信してください。

あなたのつらい事を沢山の方が受け止めてくれますし、あなたの言葉が勇気に変わる
ことだってあります。

つらい事はネットに書く・そんな手段でもいいんです。

現実の世界であなたはしっかり頑張っていますので、つらいと感じている事もきっと
未来には笑って過ごせる環境になっていますよ。

私自身も前向きに進んでいくので、あなたも無理をしないでくださいね。

今回は以上になります。

まとめ記事ベーチェット病日常生活|体調管理方法まとめ

では続いてベーチェット病が人にうつると思っていますか?をみていきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

ギター画像