ベーチェット病になってから中性脂肪が倍になった話

美味しそうなピザ ベーチェット病
スポンサーリンク
スポンサーリンク

美味しそうなピザ

ベーチェット病になってからの体調の変化がいくつかありましたが、気になるのが
高血糖になったのと、中性脂肪が高くなったことです。

美味しそうなピザ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

中性脂肪をサプリで調整してみる

自分なりに調べると

中性脂肪の基準値は50~149mg/dlで、これが150を超えると
高トリグリセライド血症になるそうです。
(この呼び名は中性脂肪が多い方はこう呼ぶそうです。)

中性脂肪が高いと動脈硬化へとつながったり、さまざまな病気への橋渡し的な要素
なるので、基準値まで落とす必要性があるわけですね。

私の中性脂肪ですが、入院前80→退院後170と倍以上になりました。笑
痩せ型体型なのに中性脂肪が多いのはどうしたものか。

原因は分かっています。

ステロイド(プレドニン)の副作用です。

入院時にステロイド(プレドニン)の注意事項を確認し、ばっちり中性脂肪上昇と記載
してました。

青魚(サバなど)を食べると中性脂肪を下げてくれる効果があるので食事に取り入れていく
しかないですね。

食事の食べる順番・よく噛むことは中性脂肪を下げる効果があるとのことでしたが、私は
薬の副作用で高血糖にもなっているので(これもステロイドの影響です)実践はしています。

しかし、毎日青魚を食べれるかと言われると食べれないのが現実です。

中性脂肪を下げてくれる青魚にはDHA・EPAが含まれているので、私はサプリで取り入れる
ようにするために注文しました。

しかし、サプリも毎月購入すると高いので、まずはお試し価格がある所で注文をしてみました。

現在は他にも体調管理の為にBCAAプロテインを飲んでいるので、毎月の費用が高く
なっているので、なんとか費用を抑えていきたいのが現実です。

今回は大正製薬さんのDHA・EPAサプリを注文してみます。
30日間のお試し価格(送料無料)で1080円と安いので注文しやすいですね。

大正製薬

他にもこういった初回限定があるので、こういった商品を色々試してみて自分に合う物を
探していくのも1つの選択肢になります。

どれぐらいの運動量を取り入れるか?

新しい事を始めるにはどうしても、腰が重く、時間も割かないといけません。

そこで出来るようになる為には、日常的にしている事にプラス新たに時間を延長する
事を選択してみましょう。

私で言えば、薬の副作用で筋肉量が落ちているので、ウォーキングを無理のない程度に
取り入れています。

そこのウォーキングの中に、DHAサプリの運動枠として10分延長する。
これを取り入れていきます。

あくまで、足に負担を掛けず、無理なく続ける事が条件です。

会社員の方だと、帰りの電車は1駅前に下りて歩く量を少し増やしてみる。

自転車通勤に変えてみる。

まずは続けられそうな事を取り入れてください。

年齢と共に気になる中性脂肪(最後)

今までは気にしていませんでしたが、病気になったり年を取ると中性脂肪が気になります。

また中性脂肪が気になったとしても、中性脂肪を検査するには費用も掛かりますし時間も
割かなければいけません。

病気になってから気にするのは遅いですが、気に掛ける事で未然に防ぐ事はできますので
自分自身に負担が掛からない程度に日常に取り入れていきましょう。

今回は以上になります。

まとめ記事ベーチェット病日常生活|体調管理方法まとめ

では続いて、難病患者はひとまず在宅ワークの仕事も候補にしてみたら?をみていきます。

最後までご覧頂きありがとうございました。

美味しそうなピザ