ベーチェット病仕事探しは難病患者就職サポーターに相談しよう

仕事探し ベーチェット病
スポンサーリンク
スポンサーリンク

仕事探し

 

どうも。管理人ベーネです。

ベーチェット病になり自宅療養中になりますが、仕事探しで悩んでいました。

そんな中難病就職サポーターという所を紹介して頂きましたので、ベーチェット病仕事探しで
お悩みの方・他の難病で仕事を探している方は一度相談してみてはいかかでしょうか?

私自身が先日相談に行きましたのでレポート致します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

なぜ難病患者就職サポーターに出会ったのか?

仕事探し

 

『退院してからの就職はどうしたらいいのか?』を考えていました。

現段階で、後遺症はそこまで残ってはいませんが足の痛みが頻繁に出てくるので通常の働き方
には戻れないと思っています。

その中でどうするか?難病患者に対しての仕事がどういったものがあるのか知りたくて私が
住んでいる所のハローワークにいきました。

 

まずはハローワークで現状を伝える

ハローワークは今後の就職活動の拠点にはなるので、自分の事情を説明する為にもまずは
ハローワークに行きましょう。

総合受付で『難病に対しての就職相談をしたいと伝えれば案内して頂けます。

私は難病求人が見れる状態【申請すべき手続き結果がまだだった為】ではなかったので
まずは難病になったときに相談できる所にいってみてはどうか?という提案をして頂きました。

2017/12/06追記
私は現在、特定医療費(指定難病)医療受給者証をもらいましたが、私のベーチェット病では
難病求人を見ることができません。

一般求人のみです。

では難病求人を見れる人はどのような人が該当するのか?
障害者手帳を持っている方になります。

ベーチェット病患者の仕事の選び方

では私達、ベーチェット病患者の仕事選びはどのようにすればいいのか?

まずは通勤でのストレスを無くすことです
私で言えば、現在探しているのが住んでいる所の近くで求人を探しています。

通勤の人混みもストレスになるのと、人混みの中だと薬の影響で免疫力が
落ちているので、風邪などのウイルスに弱くなっています

そういった所を気に掛けてあげて仕事探しをするべきでしょう。

仕事選びは通勤時間が短く・人混みを避ける事

職種選びも自分の体に合わせての選び方になるので、残業が少ない仕事だったり、
体力をあまり使わない仕事の方が良いですね。

 

予約は1か月先が当たり前

難病サポーターの数が少ないので、予約が比較的取りにくいです
ですので、思い立ったら少しでも早く行動しましょう。

私も本来は予約が1か月先でしたが、たまたま電話を掛けた日に次の日のキャンセル
がでたので即申し込みしました。

 

親身になって対応してくれます

絶対に1度はお世話になったほうが良い環境だと感じました。

ハローワークで話を聞いていた段階では
『このくらいのサポートだと自分でやっていったほうがいいだろう』と思っていたのですが
やはり自分自身でできる事は限界があるので、このようなサポートがある事によって難病患者
の就職に対しての不安が少しでも解消できるのではないかと思います。

 

どういった事をしてくれるのか

まずは自分自身の事を伝えます。

そこから難病サポーターの出来る事の説明を受けこれから自分がやっていくことを教えて
頂きます。
ほぼ就職活動と同じで、自分自身の【棚卸】をしてあげるイメージをしてください。

それを後日、サポーターに見せてどのような形で進んでいくかも決めていきます。
1人では挫折しそうな所もサポートしてもらえるととらえて頂ければいいのかなと思います。

・履歴書

・職務経歴書

・職業準備シート(サポーターからもらえます)

・医師の意見

 

医師の意見は大切です。

今後の自身の働き方のアドバイスもしていただけます。
私も先日アドバイスをして頂き、足に負担を掛ける仕事はやらない

まだ薬の影響があるから急がない等教えて頂きました。
私達難病患者は焦らなくていいんんです。

でもしっかり準備をしておきましょうね。

仕事探し

就職までの過程と心の拠り所(最期に)

難病になって働くまでに中々時間が掛かると思います。
焦る気持ちも分かります。

ですがあまり無理せず、考えこまないようにやっていきましょう。
時間が解決することもあります。

まだ動くべきではないだけです。
でも、解決する為には少しでもいいので行動していきましょうね。

少しでも動いたら、自分を誉めてあげれますし『少しやったからもう少しやるか』
行動していきますよ。

私自身も不安だらけですが、また予約して行動していきます。
この小さな行動が大きな一歩に繋がります。

就職までの道のりを伝えていき、他の方達も安心して働ける環境があるんだよとここで
伝えていきます。

今回は以上になります。

ベーチェット病まとめ記事
ベーチェット病仕事探し|難病患者就職と在宅ワークまとめ

ベーチェット病ブログ・ドラマ・本・SNS|情報収集まとめ

ベーチェット病日常生活|体調管理方法まとめ

ベーチェット病医療費申請|入院中にすること必要なものまとめ

ベーチェット病治療薬|闘病患者の体験記・副作用感想まとめ

こちらもご覧ください。

では続いて、難病患者はひとまず在宅ワークの仕事も候補にしてみたら?をみていきましょう。

最期までご覧頂きありがとうございました。