難病患者が転職活動する時の仕事選びの進め方

難病患者の再就職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

難病患者が就職活動を終えて思う事

ベーチェット病を抱える男性の就職活動ですが、なんとか就職できました。
後は体を無理させず勤めていこうと思います(^^

そして、就職活動をしていく上で大切な事。

 

しっかり貯金をしておきましょう。(‘ω’)

就職活動に合わせて貯金をしておくのでは無く、常日頃から無駄遣いをせず
お金を貯めておくことは大切です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

貯金がある事によって転職活動は有利になる

私は実際たいした貯金があった訳でもありません。
ましてや入院二ヵ月、リハビリ半年以上。そこからの転職活動で約1年ほど
企業に勤めていません。

その間のお金は貯金でなんとか生活をキープしていました。
本当にお金を貯めておいてよかったなと思います。

貯金をしていても、転職活動ではかなり焦りました。

やばい。貯金が無くなる。

このような状況が頭の中に常にありました。
お金がない事で余裕が無くなっていたんですね。

お金が無い事で転職活動を適当にやってしまい。

もうこの企業でいいや。

となります。

お金に余裕が無い事で適当な転職活動にならないようにしてください。

 

難病患者の転職活動では何を基準に仕事を選ぶ?

あなたは難病患者です。
以前できていた仕事ができなくなっている可能性もあります。

私自身も以前の仕事のようにハードに体を動かす仕事をなるべく選ばない
ようにしました。

その中で何か【楽な仕事】はあるのだろうか?

正直、もう

無理なく生活できるお給料がもらえる仕事ならどこでもいい。

こんな気持ちになります。

自分自身の体を一番に考えた仕事探しをしてください。

その中で【楽な仕事】で一度ネットで検索してくだい。
私達が知らない仕事があります。

その仕事を狙ってみてください。

そこから派生していってそのお仕事に似た仕事で自分にもできそうな仕事が
でてきます。

転職活動は給与?通勤?休日?

その楽な仕事を調べた上で次にあなたは何がこの転職活動で重要ですか?

給与?

通勤?

休日?

私は1位休日・2位通勤・3位給与
この順番で求人を探しました。

私は自分自身の体を優先しました。

体が無事なら仕事ができます。

休みがあまりなく、体が壊れ、再度病気が再発すればまた仕事を
休む事になります。

お金も大切ですが、私は自分の体を優先しました。

難病患者ならば年間休日が多い所を選びましょう。

基本は125日だと思いますが、求人検索していると中々その125日の
求人に出会う事は稀です。

私は実際に稀でした。
それは見ている求人の違いだとは思っています。

自分自身ができる仕事で、楽な仕事(ストレスが少ない無理をしない仕事)の
中ではあまり見られなかったので、いかにその求人から派生した考えを出す
かという事です。

私達が想像しているより仕事は沢山あると思ってください。

そして

私達が知らない仕事が沢山あり、その求人が空いています。

その中で私達難病患者にも『できそうだな』『やれそうだな』といった
仕事は沢山あるので、諦めないでくださいね。

私達難病患者、そして30代後半、他の人よりはハンデが大きいと思います。

私自身諦める日々が多々ありました。

もういいや。なんて思う事が本当にありました。

その都度、諦めちゃだめだ!

なんて思ってません。笑

もういいや!の連続でした。毎日求人を見ては自分にできそうな仕事を
探してました。

そして、一番衝撃的だったのは、私は寝る前にスマホでも求人を探して
いました。

そんな布団に入りながら見つけた求人と出会い私はそこに就職が決まりました。
求人との出会いは約一週間です。

合格なんて一週間以内に連絡が来ました。

自慢と思われるかもしれませんが、常に求人を気にすること。

自分ができそうだと思った職種の求人を気に掛けながら探していたら本当に出会い
ます。

出会いは本当に突然で一瞬です。

良いなと思ったらすぐ行動してください(‘ω’)

▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
難病患者の再就職
ベーネをフォローする
ベーチェット病を抱える30代男性に伝えたい事