今までの転職理由が曖昧な30代だと結構やばいと思う。

難病患者の再就職
スポンサーリンク
スポンサーリンク

難病患者としての転職活動は初めてでしたが、ごく普通の30代後半がする
転職活動は何度か経験はしています。

といっても契約社員ですが。。。笑

まさしく時代だな。いや時代のせいにしては駄目ですね。
自分自身の生き方を見つめなおせば良い方向に向かう(‘ω’)

今回の難病転職活動で経験しましたが、やっぱり、今まで転職してきた
職業の事は色々と聞かれます。

それをどう面接官に伝えていくのか?

これが中途採用で30代後半の無能な人間を雇うかどうかの瀬戸際になってくる
んだなと思う。

転職理由が曖昧だと、話が詰まるのでしっかりと対策をしておいてくださいね。

私がそうだったので。(‘ω’)笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク

正直な所、安月給のくせに何を俺に求めてんの?

働かせてもらえるだけありがたい。

安月給でもいい。

その通りです。

今まで社会の歯車だったけれど、途中そこからはぐれてしまい、そこに戻るには
かなりの労力がいる。

ましてや、30代後半。。。

もう戻れない日々をどうするか。

でもやっぱり、安月給のくせに俺に何を求めてるの?かな~と思う時が多々あった。

求人票を眺めていても、未経験の転職者にはほんと狭き門ですよ。

くそみたいな求人が多々あるし、どこかで自分と折り合いをつけて面接に挑む。

それでも面接官は必要以上の能力を求めてくる。

だったら、それなりの給料を支払うべきだと思うし、それだとやる気にも繋がる。
きっと世の中に溢れている求人は求められていない求人で溢れかえっているんじゃ
ないかと感じる。

そう。こんな気持ちになる位の求人を沢山見てきたって事です。

だから、これから30代になっていくあなた。

しっかりと経験を積んで未経験でも、次に繋げられる成績を現職で
残しておきましょう。

でないと、前職よりも給料は安くなるし、休みも少なくなるかもしれません。

伝えられる数字・マネージメントが必要だと感じた面接の日々でした。

自分が会社でしてきたことって何なのか振り返って生きよう

あなたが今居る会社であなたが今までしてきたことってなんですか?

毎日同じ業務をこなしていただけですか?

1日が過ぎる事だけが中心の考えでしたか?

今ならまだ間に合います。転職活動前に何か実績を残してみてもいいかも
しれません。

面接官に興味を持たせる何かをみにつけましょう。

 

新卒ばりの面接をしてくる面接官もいる

本当にこんな面接官もいるんですよね。

30代後半のおじさんに何を求めてんのかなーと思う。

私自身は良い経験になりましたね、3時間の面接とかもありました。(‘ω’)

でも答えられなかった自分ももっと悔しいなって思った。

だから、これから戦う30代後半男性は負けないでって思う。

面接の流れは事前に掴んでおくこと

面接の流れはありますよね。

私の場合は2つのパターンでした。

1.履歴書を見ながら一緒に進むバージョン
2.履歴書見てるけど自己紹介をさせるバージョン
1のパターンだと一緒に話を進めていくから結構楽に話していけました。
面接官が履歴書を見てそれに対して答えていくので相手も反応してくれます。
 
しかし2のパターンだとまず

では、自己紹介からそして経歴までお願いします。

はい。。。(くそが。)

1人でずっと話するパティーンですね。(パターンね)

これがきついです。
 
経験を積んでないとできない事だなと思いました。
まず私は経験積んでません。笑
 
とりあえず名前と年齢。その後今までの仕事内容を経歴順に話しました。
 
この仕事内容が、今まで経験や実績を残せてきた人は明確な事が答えられるの
でしょうが、私には無いので。笑
 
なんとかひねり出して職務経歴書には記載していたのでそれを伝えました。
テンパりながらですが何とか話を終えました。
 
そして定番の長所と短所
 
まだまだあるよ。
 
成功体験と失敗体験
失敗体験はそこからどのように成功に繋げたか。
 
最後に計算問題もありましたね。
 
見事不合格です。
もう途中からやる気がなかったかも。笑
 
後は事前アンケートでも、長所・短所を記入とかもありましたよ。
この私の情報が30代後半の転職組のお役に立てれば幸いです。(‘ω’)
 
転職理由が曖昧だと話が続かないのも1つの原因でもあります。
しっかりと用意しておきましょう。
 
私なりに事前準備をして面接に挑んでいましたが、さらに用意すべき回答が
いるよってお話でした。

同じ会社で生涯勤めあげれる事は良い事

1つの会社で一生を終えれる事は本当に素晴らしい事だと思う。
そんな会社に出会えた事・出会えるように自分自身が努力してきたこと。
その会社で努力をしてきたことがあったからずっと勤めれるんだなと思う。
 
本当に尊敬します。
 
でも、この人はこの会社以外を知らないからきっと他では苦労しそうだなぁ
とか思ったりする人も見てきました。
 
でも、それが今の自分でもあるんですけどね。
人の事言えない転職歴だと思っています。
 
そう思うからこそ、自分の経験や失敗をしっかりとこのように残して
すこしでも誰かの役に立てばいいなぁなんて思ってたりします。
 
失敗だらけの人生だけど、何とか生きていけるんだってね。
 
どこかで人事の人と話せる機会があるならば色々と聞いてみたいですね。
なんでこんな事きくの?とか
これ必要とかさ。
 
安月給に文句を言いたいけれど、転職活動期間も長引くとやる気がなくなるから
自分に折り合いをつけるんですよね。
 
だから大変だと思いますが、現職に勤めながら少しずつ転職活動を進めて
いきましょうね。
▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
▼こちらの記事もよく読まれています▼
スポンサーリンク
難病患者の再就職
ベーネをフォローする
ベーチェット病を抱える30代男性に伝えたい事